Archives

アントニオ・デ・ラ・マレーナ(’97)「ジョ・ソイ・アシ・アシ・ソイ・ジョ」

ヘレスのカンテ・ヒターノを守り抜くアントニオ・デ・ラ・マレーナのデビュー作。  70年代初めにスペイン国営テレビで放映されたフラメンコ番組「Rito y Geografi'a del Cante(カンテの祭儀と地理)」で、少年モライートの伴...

エミリオ・マヤ(’04)「テムプレ」

程よいモダンさとノリ。グラナダのヒターノ!  いま日本で大活躍のギタリスト、エミリオ・マヤは、62年グラナダ生まれのヒターノ。新人公演では出ずっぱりだったが、日本定住アーティストと侮るなかれ、04年録音の本作で、その上手さに驚いた。程よいモ...

ファビオ・モラエス(’13)「エボカシオン」

地味ながらノスタルジックで心に響くギター。  ブラジル人フラメンコ・ギタリスト、ファビオ・モラエスはコントラバス奏者でもある。パコやビセンテ、ケタマなどの影響を受けたという。本作はマドリードとサンパウロで録音された。テクニックはないが、独特...

ミッチェレ・イアッカリーノ(’13)「フラメンコ・ギター・ブラシル」

フラメンコ・ギター・アレンジで弾くブラジル・ヒット曲集!  ペドロ・シエラのラ・ボス・デル・フラメンコが発売したギター音楽で、ブラジル・ヒット曲集。弾くのはイタリア人フラメンコ・ギタリスト、ミッチェレ・イアッカリーノで、上手さは折り紙付き。...

ホセ・トーレス・トリオ(’13)「ホセ・トーレス・トリオ」

前衛色のフラメンコ。俳句のイメージをシギリージャで!  フラメンコ・ギタリストのホセ・トーレスを中心に、ビオラ&アコーディオンと打楽器のトリオで、前衛がかった音楽を聴かせる。ソレア、シギリージャ、タンゴ、ブレリアなど独自の解釈で展開する。驚...

マカリネス(’11)「ティエラ」

フアン・デ・フアンと来日のヒターノ・デュオ!  先頃のフアン・デ・フアン来日公演に、レメディオスらと出演した、セビージャのヒターノの兄弟フラメンコ・デュオ、マカリネス。フラメンコなノドを聞かせていった。本作はそのデビュー作で、共演...

ソレア・モレンテ・イ・ロス・エバンヘリスタス(’13)「エンクエントロ」

エストレージャの妹、ソレア・モレンテがデビュー。  エンリケ・モレンテの娘でエストレージャの妹、ソレア・モレンテ。フラメンコも歌うが、ここではロック・グループ(?)ロス・エバンヘリスタスとの共演。全5曲中4曲は創作曲だが、トリニの...

「1000カンシオネス・イ・アコルデス・デ・ギターラ・パラ・フラメンコ」

カンテの歌詞と伴奏ギター・コードブック。 A4判/西語/351頁 いろいろな有名歌手たちのCDやレコードから採った約150曲の歌詞と、対応するコード、ダイヤグラムを収録した、カンテ伴奏用ギター・コードブック。楽譜が付いていないので実用には...
タイトルとURLをコピーしました